スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

紅葉真っ盛り

霧島は、鹿児島でも、紅葉が楽しめるところです。
例年より少し遅いですが、今年も、もみじが綺麗に色付いてきました。

今、紅葉を見ながらドライブや登山、ほっこり温泉もgoodです!


四季が感じられるのは、素晴らしいことですね(*´ー`) ♪

2014年 蔵開き

2014年10月26日(日曜日)に、明るい農村「蔵開き」を開催しました。
明治44年の創業から、103年。自然豊かな霧島の地で、焼酎づくりができますのも、地元の皆様、ご愛飲くださる皆様のおかげです。




蔵開きでは、製造場見学室での「明るい農村ができるまで」のご案内をはじめ、できたて新焼酎「明るい農村 蒸留したて」、「赤芋仕込 農村のブルーベリー酒」のふるまい、豚汁、焼き芋のふるまい、絵手紙展(小向井一成さん)、明るい農村フォトコンテスト展、ふきのとうさんによる霧島特産品・加工品の販売など、色々な催しをいたしました。

(明るい農村直売所での試飲・販売)


(豚汁、焼き芋ふるまい)


(瓶詰場のご案内)

(小向井一成さんによる、絵手紙展と、似顔絵。)


きりしま郷土芸能では、ちびっ子達のとっても上手な和太鼓(大窪保育園、霧島保育園)や、衣装・メイクも華やかですてきな府中太鼓踊り、元気に響いた演奏(霧島中学校吹奏楽部)が披露されました。
(大窪保育園)



(府中太鼓踊り)


(霧島保育園和太鼓と、組体操)




(霧島中学校吹奏楽部の演奏)


(一時雨も降ってしまいましたが、我慢強くご滞在くださったみなさま、ありがとうございました。)


また、お元気なお姿が頼もしい平均年齢約70歳の田口民謡会さんの踊り、ユーモラスな霧島ひょっとこ踊り、昔の伝統的な米作りを楽しく伝える松永米作り踊り、霧島俵踊り、荘厳な雰囲気の霧島神楽が披露されました。

(クスっと笑みがこぼれる、松永米作り踊り)



平均年齢70歳の華麗な、田口民謡会の舞)


(ようやく晴れて、雲の帯から顔をだした高千穂峰)


(ユーモラスな霧島ひょっとこ踊り)


(昔の米作りがよくわかる楽しい、霧島俵踊り)



(荘厳な雰囲気の、霧島神楽。)


そして、今年はじめての「さつまいも詰放題」「○×クイズ」はたいへん盛り上がり、白熱したものになりました。

(スタートの合図前に始まってしまった、さつまいも詰め放題)



(大盛り上がりの○×クイズ。)


みなさまの笑顔や、楽しかったというご感想がたくさん聞かれ、とてもうれしく思いました。

ご来場、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。
また、来年もぜひお越しくださいね。

 

フォトコンテスト締切まで、あと1週間!

霧島では、朝晩すずやかな風が吹くようになってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


さて、当蔵での秋の恒例イベントとなっています「明るい農村フォトコンテスト」の作品募集が、締切まであと1週間となりました。
(締切:10月10日)

これまでに、全国から沢山の「明るい農村風景」をご応募いただき、すてきな写真に癒されています。

みなさまの周りに「明るい農村」はありませんか?
よろしければぜひ、お気軽にご応募ください。

お待ちしています(^0^)/

詳細はコチラ
http://akarui-nouson.jp/?p=1634


 

ヒガンバナ(^-^)

いま、霧島では、田んぼの畦道などに色鮮やかなヒガンバナが、あちらこちらに咲き誇り、目を楽しませてくれます。

ヒガンバナは、美しいだけでなく、モグラよけや、田んぼの土手が崩れるのを防ぐ役割もあるそうです!

時には、キレイなアゲハ蝶も訪れて、アートな秋を感じます(^-^)

芋焼酎の仕込み、始まりました!

明るい農村では、今シーズンの、焼酎の仕込みが開始され、はや2週間が経ちました。

蔵では現在、黄金千貫(こがねせんがん)というさつまいもを使った、芋焼酎造りに励んでいます。



こちらは、ことし11月1日の本格焼酎の日に販売する、新焼酎「明るい農村 蒸留したて」になります。

蔵のなかや、売店にまでも届く、芋の甘い香りに、新焼酎のできが楽しみな日々です。みなさんも、ぜひお楽しみにしていて下さいね♪

残暑お見舞い申し上げます。

立秋を過ぎ、暦の上では秋ですが、まだまだ蒸し暑い毎日ですね。

台風の発生が気になったり、晴れの日でも急に大雨になったりと、お天気が変わりやすいので、「傘」が手放せません。

ただ、この時期は、虹を見られる日が多いので、ワクワクします。



時々、こんな二重の虹が見られたりして、ちょっぴり得した気分になります(^-^)♪


まだまだ暑い日が続きますが、みなさまお元気でお過ごしください。
 

夏本番!

毎日、夏の暑さが続く、ここ霧島では、清流「霧島川」での鮎釣りが活発です。



この夏は、独特で、爽やかな味が特徴の「シモン1号 百姓百作」はいかがでしょうか。
夏の暑さも吹っ飛びます。お勧めは冷やしてロックが美味しいですよ♪


 

風鈴の季節(^-^)

夏のジメジメと、暑さを和らげてくれる、風鈴の季節です!

今年も、
明るい農村直売所に飾っているのは、2年前に東京のお客様からいただいた『江戸風鈴』。



この、可愛らしい向日葵の柄と、涼しげな音色が、夏の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれそうです。(^-^)♪

梅雨明前の珍客

梅雨明けも間近な先日、小雨が降る中、「明るい農村 直売所」にて、ふと見ると小さなアマガアエルと目が合いました。



小さいながらも、看板をよじ登りそこにいる珍客を見て、梅雨の憂鬱な気持ちが吹き飛ぶようでした。

今シーズンも残りわずか

先日、久々のお天気に恵まれ、和甕に被せていた大きなフタは、洗って天日干しに♪

甕フタの天日干し

そして蔵の中では、現在、麦焼酎「花は霧島」の仕込みをしております!
1次仕込みをしている和甕を覗くと、まるでバナナのように甘い、もろみの香りがします(*^^*)


麦の仕込み

今季の仕込みも終盤にさしかかりましたが、最後まで、丹精込めた焼酎造りに努めます!(^-^ゞ


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

お知らせ

明るい農村オフィシャルサイト


selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM