スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

元気に育つ、さつまいも。

6月も下旬。日ごとに、暑さが増してきました。

明るい農村の裏にある畑では、春に植えたさつまいもが、元気良く育っています。



ことしは、安納芋紅はるかを植えました。

たくましく育ってる様子を見ると、なんだか元気をもらえるようです。

あじさいロード

明るい農村の蔵から程近い場所に、「あじさいロード」と呼ばれている道があります。


およそ1kmほどの道のりに咲く紫陽花は、この地区の老人クラブの方々が植栽管理をしています。

梅雨のジメジメした季節に、気分も沈みがちですが、毎年色とりどりの綺麗な花を咲かせてくれる、「あじさいロード」で、心和みます(^-^)♪

 

アユ釣り解禁!!

梅雨の霧島は、雨が降ったり止んだりと不安定な天気です。

霧島川の下流では、6月1日にアユ釣りが解禁されました。



解禁されてから、連日釣り竿をふる姿が見られます。

( ※ 霧島川の釣りには、許可証が必要になります。)

アユは勿論のこと、ウナギもいる霧島川に、いつまでも清流のままであってほしいと思います。

蔵の青梅

5月後半は、気温が30度前後の暑い日や、雨が降る日も多くなり、カエルの鳴き声もよく耳にするようになりました。

蔵には、雨の恵み、お日さまの光をいっぱいに浴びた、梅の木に、いま、たくさんの青梅がなっています♪



青梅
青梅の季節のあとは、梅雨がやってきます。
みなさま、お身体大切になさってお過ごしください(*^-^*)

GWは、山も花もきれいな、明るい農村へ!

5月に入り、ここ霧島では色とりどりのツツジが、綺麗な花を咲かせています。

写真は蔵の展望台から見える、霧島連山の高千穂峰です。久々の晴天で綺麗な景色が撮れました★



明るい農村」は、GWも元気に営業しております!
お近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。(^0^)/

霧島神宮のさざれ石

お出掛けに、本当に良い季節になりましたね。

蔵から車で5分ほどの所に、霧島神宮があります。
霧島の有名なパワースポットで、凛とした威厳のある雰囲気で迎えてくれます。


霧島神宮

今回は、三の鳥居の横にある「さざれ石」をご紹介します。

さざれ石

さざれ石は、もともと小さな石同士が、長い年月の中でくっつき、だんだんと大きな塊となったものです。

「君が代」の由来となった「さざれ石」は岐阜県揖斐川町春日にあり、霧島神宮にある石も、揖斐川町の「さざれ石」が奉納されたそうです。

霧島神宮にお越しの際は、この石も、ぜひご覧になってくださいね(*^_^*)

春、らんまん!

花冷えの寒さも和らぎ、すっかり春の陽気になりましたo(^▽^)o

つくし
蔵のまわりでは、土筆が生えたり、タンポポが、風にゆられて綿毛を飛ばしたりしています。
マンサクの花も咲きだし、心がウキウキ楽しくなります♪♪


トキワマンサク

そんな春に、嬉しい新商品が登場します!
百姓百作シリーズに、新しく『紅さつま』『種子島ろまん』が仲間入り(^-^)v

皆さま、ぜひ、チェックなさって下さいね〜(^_-)-☆

霧島の龍馬イベント ♪

 ここ霧島は、1866 年 旧暦3月、坂本龍馬が、妻のお龍を連れて、日本最初の新婚旅行ハートに訪れた地と言われています。

そこで、現代の坂本龍馬とお龍となって、二人が歩いた道を歩こうと、3月15日〜16日、「第18回 龍馬ハネムーンウォークin霧島」が開催されました
ニコッ

コースの途中には、地元の方が植えた菜の花が満開だったり、たくさんの自然を感じる事ができます。参加された皆さんは、イキイキとした表情で、とても楽しく歩いていらっしゃいました♪

 
菜の花と列車

また、龍馬とお龍が逗留し、現在では、パワースポットとしても人気の「塩浸(しおひたし)温泉」温泉

こちらでは、龍馬が訪れた3月を、当時の「塩浸温泉」への出入り道で、龍馬とお龍も歩いた「龍の背坂(せざか)」参りの月としていますきらきら

平成26年3月31日までは、石段108段からなる「龍の背坂」にちなみ、毎日先着108名の方々に、押し花にされたもみじと、龍馬直筆の文字を添えた「幸せの縁札」が配られていますひらめき(お問い合わせは「塩浸龍馬温泉公園」0995-76-0007まで)

「幸せの縁札」 

龍馬とお龍のゆかりの地をたどることで、霧島に詰まった魅力を、あらためて感じることができます(^^)きどうぞ、春いっぱい、歴史の魅力にもあふれる霧島へ、遊びにいらしてくださいヤッタv

 

春の兆し♪

3月に入り、花たちも春を待ち遠しそうに、ここ明るい農村直売所
横にあるシャクナゲも、たくさんの蕾を付け、春の準備を始めています。

シャクナゲのつぼみ

シャクナゲは昔から「神に捧げる木」と言われ、
深山に咲く神秘の花としてのイメージを持たれていたようです。

また、山の中に鮮やかな花を咲かせることから、
「高嶺の花」という言葉の始まりともいわれています。

まだ、蕾のシャクナゲですが、これから、可愛らしいピンク色の花を咲かせます。
毎年、開花が楽しみで、ワクワクしています(^^)

霧島の山では、春にはキリシマミズキや、ミヤマキリシマなどの様々な花が咲きます。
身近な所に春の兆しを見つけると、心が温まりますね。

蔵近くの、足湯スポット♪

2月も終わりに近づき、ここ霧島では、日中に暖かさが出てきました。
過ごしやすいので、お出掛けに、ちょうど良い感じです♪

霧島散策で少し疲れたら、パパッと入れる「足湯」はいかがでしょう(^^
)
明るい農村の周辺には、気軽な足湯スポットが2ヶ所有りますのでご紹介します!

まず一つ目が、「霧島神宮駅」の足湯。駅を利用される際、待ち時間などに良いですよ♪


霧島神宮駅 足湯

二つ目は、「霧島神宮の大鳥居横」にある、観光案内所の足湯です。
すぐ近くで蒸した安納芋なども販売しています。車でお越しの方、霧島神宮にお参りの方に便利です。
霧島観光案内所 足湯


湯あがり後、足をふきますので、タオルをお持ちくださいね(^^)/
 


PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お知らせ

明るい農村オフィシャルサイト


selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM